コラム COLUMN

興和ライフサービス ホーム  プレス > コラム > 贈与① 配偶者特別控除の特例

贈与① 配偶者特別控除の特例

 

知ってましたか??

 

長く連れ添ったご夫婦には特典があるんです。。。

それが 『配偶者特別控除』

 

1、内容

婚姻期間が20年以上の夫婦間において、

マイホーム(現物)又はマイホーム取得等(購入・建築)の

資金の贈与が行われた場合、2,000万円の特別控除をするというもの。

 

※従って、基礎控除の110万円を含め、2,110万円までは贈与税がかからない。

※同じ夫婦間での贈与の場合は、一生に一度のみの適用とされている。

 

2、適用要件

(1)適用対象財産

Ⅰ、国内にあるマイホームで、①贈与を受けた年の翌年3月15日までに受贈者の住まいとして使用、

かつ、その後も②引き続き住まいとして使用する見込みであるもの。

※既に住まいとして使用しているマイホームの贈与を受けた場合(①の要件OK)は、

その後②の要件を満たせばよい。

☆マイホーム現物の贈与については、『土地と建物』『建物のみ』『土地のみ』の

いずれでもよい。また共用持分でもよい。

 

Ⅱ、マイホーム取得するための資金(現金・預貯金)で、

かつ、贈与を受けた年の翌年の3月15日までにマイホームの取得に充て、

かつ、その取得したマイホームを受贈者の住まいとして使用し、

その後も住まいとして使用する見込みである事。

 

(2)婚姻期間の判定

婚姻期間が20年以上であるかどうかは、

婚姻の届け出があった日から贈与の日までの期間により計算する。

※婚姻期間に1年未満の端数があるときは、その端数は切り捨てます。

☆入籍されていない期間は、婚姻に含まれない。 内縁関係は認められない。

 

(3)相続税の3年以内贈与可さん制度の不適用

贈与税の配偶者控除の適用を受けた受贈財産については、

特別控除額の2,000万円までは、3年以内贈与加算制度は適用されない。

 

☆したがって、即、相続税の軽減対策になる。

↑ここが大事。。。